Corolla 1966
Corolla 1970
Corolla 1974

@  ■1966年

ライトが縦長で高さを感じされるデザインである。また、トランクが尻下がりで、バンパーも曲線で構成されるアナログデザインであることがよくわかる。

 

 

A  ■1970年 

トランクが尻下がりで、ライトは横広がりに変化している。バンパーは曲線・曲面で基本アナログデザインであるが、デジタル要素が顔を出し始めている。

 

 

B  ■1974年

ライトは完全に横広がりに変化。バンパーも平べったくなり、尻下がりも落ち着いてきた。デジタル期のデザインへと変化したことが理解できる。

 

 
Corolla 1979
Corolla 1983
Corolla 1987

C  ■1979年

トランクは水平になり、ライトも横へと広がっている。バンパーも四角さを増している。デジタル度が上がっていることがよくわかる。

 

D  ■1983年

トランクは水平で、テールライトはガーニッシュまで含めて、ナンバープレートまで広がっている。

 

 

E  ■1987年

トランクは水平で、ライトもナンバープレートまで一杯にひろがっているが、徐々に角が取れていることがわかる。デジタルピークを過ぎた事が理解できる。

 

 
Corolla 1995
Corolla 2000
Coroll 2006

G  ■1995年

トランクに高さがでてきた。ライトも横広がりが収まってきた。曲面も顔を出し始めている。デジタル末期のデザインであることが理解できる。

 

H  ■ 2000年

トランクの高さはより強調され、ライトは縦長に変化した事で、アナログ期のデザインへとシフトしたことがよくわかる。
バンパーも曲面で構成されている

 

 

Back ViewI  ■2006年

リア下がりが復活し、テールライトも縦長である。ウェストラインも高さを強調している。全体的に曲面が多様されていることがわかる